Logo

Member blog

TSFでテンション上がっても廊下は走るな!ブログ←まじめに綴ってます。笑

こんばんはーーーー!!!

先日あんステTSF、全23公演終了しましたぁぁぁ!

 

遂に終わってしまった。。

初演から皆勤賞で出させていただいていたあんステが今回で完結編を迎えるということで、これまでの集大成としてもとにかく敬人くんにどこまで近づくことができるかを意識し続ける日々でした。

自分自身の日常での過ごし方や考え方を敬人くんとしてのそれに寄せること、寄せたいと強く思うことで更に副会長の、紅月のリーダー、先輩としての敬人くんに近づくことができたかなと思います。

 

 

そういえば堪大さんからは「なんか…オーラすごいな」と言われ、何のオーラですか!?と聞いたら「副会長オーラ…」と言われたり、
裕太からは「あんステの現場の準弥は蓮巳みたいだな!出る前とかも慎重だし!」と言われたりもしました。笑

一番身近な2人に言ってもらえたのが嬉しくて、カーテンコールの時にその話をしたら、2人は「言ったっけ~?」と言わんばかりで首を傾げ、「ちょいちょーいっ!!笑」なんていうこともありましたが、それがまたなんか2人らしくて嬉しくなりました。

 

2人には初演の時からずっと支えてもらっている実感があります。

敬人くんとして、紅月のリーダーとして板の上に立つことができたのは、紛れもなく堪大さんと裕太がいたから。

でもずっと頼るだけでは駄目だな、少しでもリーダーというものに近づきたいな、という気持ちを強くしていけたのも2人のお蔭です。

 

紅月は学院No.2ユニットですが、気持ちはNo.1を目指そうと共通の意識を確認し、何か気づいたことがあれば2人に声を掛けて鏡前で合わせる。2人の意見を聞いて、擦り合わせていく。

僕なりに紅月のリーダーとして考えながら行動してきました。

でも思い返すと、2人がよく考え、僕の気持ちを感じ、汲んでくれていたからこそ、自分の役割に集中できたんだなと思います。

 

堪大さんと裕太との紅月だったからこそ、信頼を持って敬人くんを生き抜くことができました。本当に感謝してます。ありがとう。

 

 

そして別の面で支えとなった存在が英智役の前ちゃんさん。

 

以前から変わらずお芝居に熱く、知識や考え方が豊富でいつも視野が広い。

尊敬する前ちゃんさんと幼なじみの関係を演じれたことは本当に幸運で、めいっぱい頼らせていただきました。

 

でも今回、前ちゃんさんの方から僕を頼ってくれたことがあったんです。

前にも意見を求めてくれたことはありましたが、何か違うもっと深い…うまく言えないけど、腹の底から信頼し合ってる感覚?なのかな。

自分は前ちゃんさんに対して言える立場じゃないなどと思っていましたが、本当の意味での信頼を感じた時に素直に自分の意見や感じたことを言えました。

まっすぐ本気で話している瞬間に、ふと「英智と敬人みたいだな」と感じ、それが本当に嬉しくて、その関係を築けたのも前ちゃんさんのおかげだと思います。

そしていつしか純粋に敬人くんとしても、僕自身としても「俺が支えるんだ」と思えていて、それを最後の最後まで持ち続けることができました。


 

そしてそして、座長の廉くん。

さすが我らの座長です…

ここぞ!という場面で何度も救われました。

カンパニーが大きくなっていってもいつもぶれずに成すべきことを全うしてくれました。

どんなに疲れていても本番前にみんなを鼓舞し、常に良い状態に持っていくことができる力、尊敬しています。

あんステを、僕たちを、全力で引っ張ってくれてありがとうございます。

 

他のキャストのみんなにも本当に感謝しています。

みんなそれぞれの役割を担って、当たり前だけど小さなことにも手を抜かずに全力で役になりきり、日に日にレベルが上がっていくステージを直に感じて、あんステの底力は計り知れないなと思いました。

 

なので、9月のライブではとんでもないことになっているんじゃないかなと思います。

なんたってKnightsの王様、月永レオも参戦するわけですからね。

 

総勢31名による、あんステライブ、半端ないはずです。笑

ぜひ、楽しみにしていて下さいね。

 

 

そして、忘れてはいけないのが演出の宇治川さん、脚本のムックさんをはじめ、多くのスタッフの皆さんです。

たくさんの場面で支えていただきました。

僕たち30人もの大所帯が夢ノ咲学院の生徒として、キラキラした姿でステージに立てているのは、裏で動いて下さっている沢山の方のおかげです。

そのことへの感謝を忘れずに、役者として精進していきたいと改めて感じました。ありがとうございました。

 

 

そして何より、1番の感謝はファンの皆さんへ。

皆さんの声援や作品への強い想いが、僕たちを強くしてくれ、最後まで走り抜くことができました。

 

皆さんのパワーは本当に大きいです。

声援も然り、ペンライトや団扇での応援、ステージ上に飛んでくる皆さんの想いはとてつもなく大きいんです。

僕たちが持っている力を300%増加させてくれます。

皆さんの笑顔がパワーをくれます。

この笑顔を裏切らないようもっと上へ、と背中を押していただきました。

 

頂いたお手紙も読ませていただきました。

皆さんの熱い想いが直に伝わってきて、心から敬人くんを生きることができてよかった、幸せだな…と思いました。

皆さんが僕たちに演じて下さってありがとうと感謝してくださる気持ちは素直に嬉しいです。

でもそれは皆さんの「あんさんぶるスターズ!」という作品への大きな愛があればこそで、それが僕らにステージに立つ意味を与えてくれてるんです。

 

あんスタを、あんステを愛してくださり、そして僕を蓮巳敬人として皆さんの前に立たせてくれて本当にありがとうございます。

 

春のDVDのリリイベやカレンダーイベントで直接感謝を伝えられたらいいなと思いますが、それまでにも少しでもお返しできるよう、一役者として1日1日自分なりに努力し、前進していきたいと思います。

 

ではではこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


小松敬人